怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

タグ:病院

夜勤で真夜中、ようやく一段落して一緒に夜勤をしている看護士とベッドが見える位置にある休憩室に入り、お茶を飲んだ。
少しだけライトを暗くしてあたりは心電図モニターの音だけがピッピッと鳴り響いていた。

「今日は落ち着いてるね」と同僚が休憩室にあるテレビのスイッチを入れると稲川淳二の恐い話をやっていた。
しかもよりによって話の舞台は病院のようである。

「恐いよ、消そうよ~」と私が言ったその瞬間。

『ペタ』

はっきり聞こえた。
スリッパの音である。

同僚の看護士にも聞こえたようである。
二人で目を合わせた。

続きを読む

今から2年ぐらい前の話。

お昼近くにモス○ーズバーガーが無性に食べたくなって、自転車でモスに行こうとしてた。
もう少しでモスというところで、左折してきた普通車に自転車ごと轢かれた。

色々打撲擦り傷とかあったんだけど、左足がボキっておれてしまって、市内の大きな病院に入院することになった。
圧倒的な力に体を壊されるってこういうことなんだと思いながら、処置が終わった足を眺めつつベッドでぐったりしてた。

病室は個室で、比較的新しい病院だからとっても綺麗でベッドで寝てても可動式の小さいモニターのTVが目の前に伸ばせたりするので、ちょっと感動してた。
そんな時にお母さんとお父さんがあわてて病室に来て、「なにやってんの!」と怒られて頭をお母さんに殴られた。

続きを読む

現役看護師の母から聞いた話です。
そのまま人称は一人称にさせて頂きます。

とある国立病院での出来事です。
私は平成一年ごろから、そちらの外科病棟に配属されました。

ある夏の盛り、70代のアメリカ人男性Jさんが、初期の胃がんで入院して来ました。
さすがにこちらに来て何年も経つので日本語は堪能ですが、やはり英語圏の方特有のなまりはありました。

Jさんは胃を四分の一ほど切除する手術を無事に終え、その後の経過も良好・・・だったのですが・・・。
手術後三日が経過し、私は夜勤で病棟の廊下を回っていると・・・。

トイレのほうから、なにやら男性の話し声が聞こえます。
不審に思って、懐中電灯を片手にトイレに向かうと、「ばんざーい!ばんざーい!」という声が聞こえます。
かなりの大声です。

続きを読む

↑このページのトップヘ