怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

カテゴリ: 都市伝説

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者とされている三男の金正恩(キム・ジョンウン)が自分は父親の金正日を暗殺したと証言している動画がネット上で話題になっている。

北朝鮮の公式発表では金正日総書記の死因は心臓麻痺とされている。
現地指導に向かう列車の中で亡くなったとのこと。

ただ、死因については金正日の父親である金日成(キム・イルソン)国家主席とまったく同じであり、捏造されたとされる見方もある。

暗殺説も複数囁かれているが、後継者で息子である金正恩が表舞台が姿を現してからというもの、幹部の不審死が相次いでおり、父親を殺めたとしても不思議ではない状態だったらしい。
これまで死亡した幹部は世襲を良く思わない者や、まだ金正恩を若造と見ている者が中心だという。

続きを読む

PCのHDDに写真やら何やら色々なものを保存しているため、データが消えてしまった場合ものすごく痛い。

また、企業の場合は業務を行う上での情報のためデータが消えてしまうと目も当てられない。

しかしデータ復旧にはかなりお金がかかる。

データ復旧料金はHDDの容量と障害の重さに比例して高くなり、数万円~50万円と幅も広い。

企業の場合は料金よりも信頼できる企業を選ぶことが重要だが、無くなっても仕方がないと思えるデータの場合、次のような方法でデータ復旧する場合があるという都市伝説がある。
※自己責任でお願いします。

続きを読む

日本には約200兆円近い埋蔵金が眠っていると言われる。

埋蔵金と言えば糸井重里がTBSのTV番組『ギミア・ぶれいく』内で探していた徳川埋蔵金が有名である。

「あるとしか言えない」という糸井重里氏の言葉に引きつけられ、黄金の家康像が出土した赤城山を大型重機を使って大規模に捜索したものの見つからなかった。

徳川埋蔵金の有力地は群馬県の赤城山の他に日光東照宮説、世良田東照宮説、そもそも徳川埋蔵金は無かった説などがある。

続きを読む

首都高速道路の老朽化が問題となっている。

首都高は東京オリンピックの行われた1960年代に建設が行われ、50年が経過している。
建設、建築の世界ではコンクリートは50年と言われており、いくら補修を続けていても追いつかない現状である。

首都高は東京オリンピックに間に合わせるために急ピッチで建設されたため、用地買収に時間が掛けられず、主に河川や海の上に高架で作られている。
そのため、高架の下に冷たい空気が通るので大雪が降った場合に地上の道路よりも溶けにくい。

また、高架を支える柱は水の中のため、侵食されコンクリートが壊れ、中の鉄筋が錆び、何かあってもおかしくない状態である。

続きを読む

2013年1月16日のアルジェリアでの人質事件は日本人だから狙われた可能性が出てきた。

事件の全貌が見えてくるにつれ、日揮の関係者であってもイスラムの現地人は解放されている。
また、欧米企業も含め、企業幹部が集まる日が狙われたとも言われている。

日揮の元副社長が訪問中の襲撃であり、英国石油メジャーBP社の幹部も殺されている。

安倍首相は「人命優先」を何度も繰り返していたが、これが日本人が狙われる原因であるという。

多くの国ではテロや人質事件での対応として「武力行使」がメインシナリオである。
アピールのために「人命優先」な姿勢を取ることがあっても「武力」での解決意外考えていないと言ってもいい。

しかし日本人は平和ボケしているためか「武力行使」はあくまで最終手段であり、犯人の要求を聞き話し合うことをメインシナリオで考える。
これは日本人の特徴であり、重要なことは何でも先送りにしてしまう。
原発問題もトンネル崩落問題も年金問題も何でも先送りがメインシナリオである。

続きを読む

↑このページのトップヘ