怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

カテゴリ: 人間・日常の怖い体験

もう10年前に遡りますが、ふとしたきっかけで俺は水中写真に興味を持ち「じゃ、ダイビングから始めよう」と、とある四国のショップで講習を受け、機材も取り揃えました。
同じ時期にダイビングを始めたO夫妻と知り合い、その縁で仲間も増え楽しくダイビングライフを堪能していました。

O夫妻、特に御主人の方と俺は若い頃に同じ様にヤンチャしていた時期があり、まるで兄弟の様に意気投合してしまいました。
何度も3人で近県の海に潜りに行き、様々な生き物を見る。
そんな楽しい日々でした。

そんな楽しい日々が崩壊する時がやって来ました・・・。
A夫妻という結構お金持ちの御夫婦と知り合い、瀬戸内海で一緒にボートダイビングをする事になりました。

続きを読む

小学生の頃、田舎に住んでいたいた時の話。
その村には鎌爺(かまじい)という、有名な爺さんがいた。
その爺さんは身内の人が面倒を見ているらしいが痴呆症らしく、いつも同じ道端に座っていてボーとしている人だった。
そしていつも手には何故か草刈り用の鎌を持っていた。
そのせいでみんなから鎌爺と呼ばれていた。

僕は近くにある百貨店や友人の家に行くときにこの鎌爺の前を通るのがものすごく怖かった。
なにせボケてるし、その手にはいつも草刈り鎌、いつ襲ってきてもおかしくない。

続きを読む

私が高校生のころ、父が癌で死んだ。
私が幼い頃、父はいい意味でも悪い意味でも私を一人の人間として扱ってくれた。
幼かった私にはできないことが多く、父をその度に怒らせた。
役立たずとよく言われた。
私は父と性格が似ているらしく、父は私を責めるというより私を通して自分を責めているらしかった。
でも私は博学な父を恐れつつも好きで、機嫌がいいときはたくさん遊んでもらった。

そんな父が癌で弱りだし、一人の人間と同じことがだんだん出来なくなっていった。
病の痛みは壮絶らしく、父はよくのたうち回っていた。

続きを読む

高校2年の時のことなんだが、夜な夜な仲間内と近くの公園で集まっては馬鹿して、街灯の灯りだけでサッカーやったり、まぁ楽しかったんだ。

だけど一番ハマッた遊びは当時持ってたPHSで仲間内5~6人でありそうな知らない番号に勝手に電話して、女の子が出るまで掛け直す。
女の子がでたら出来るだけ長く話す・・・。
会話が始まったら皆そいつの周りに集まって聞き耳をたてて会話を楽しむというものだった。

今にして思うとはた迷惑な遊びだったと反省してる。
結構スリルあってさ、ドスの聞いたオッサンと電話口で喧嘩したり、もしかして???とか言われて、話合わせてたら死んじゃった彼氏と勘違い号泣されたりと、色々なエピソードが生まれた遊びだったけど、その一つに自身唯一の苦い思い出がある。

続きを読む

サイバードラッグ。
麻薬音楽というものをご存知だろうか。
その名の通り、聞けばまるで麻薬を吸ったようにハイになってしまうという音声だ。
法的にはグレーゾーンだそうだが、探せばネットに普通に転がっている。
しかし、だからといって安易に手を出しては、絶対にいけない。
数年前の話になるので、もう話してもよかろうと思う。
大学時代の話だ。

俺は田舎から東京の某私立大学に入学した。
いじめられっ子ではないけれども地味だった俺は、華々しく大学デビューを飾ることもなく、無難に大学二年生に進級した。
当時仲がよかった男友達を仮にAとする。

続きを読む

↑このページのトップヘ