怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

カテゴリ: 人間・日常の怖い体験

14年位前、郵便局で配達の非常勤をやっていたときの話です。

自分の配達の担当区は山奥のほうで、同じ苗字が4~5件くらいかなり広い間隔でちらほらあるような所でした。
そんな地区に1軒だけ、このあたりにはない苗字の家がありました。

他の家ともかなり離れており、バイクを置いて歩いていかないと家までいけないような道の悪いところでした。

おじいさんとおばあさんの2人暮らしで家は、まさに掘っ立て小屋。
でも2人ともとても気さくでやさしくて、いい人でした。

ある日、現金書留を配達するために訪れた時の出来事です。

呼び鈴も何もないので、玄関をあけ大声で「○○さ~ん郵便で~す」といつものように呼びかけましたが、でてきません。

続きを読む

時間的には昨日の夜起こった出来事をお話します。
昨日夜22:00ごろ仕事が終わり家への帰宅途中のことです。

自分は池袋に住んでて職場も池袋なので、徒歩通勤してます。
池袋駅の方から自分家に帰る途中に平和通って道があるんだけど、おれは毎日そこを通って帰るんだ。
ご存知の方もいるかもだが、あそこ名前は平和通りでも、実際は危険通りである。

いつも帰りに寄るコンビニがあるので今日はたこ焼き買って帰ろうと思ってコンビニに入ろうとしたら、入口で鬼のような顔をしたデカイ女がうろうろしてた。
まぁよくいる気違いだろうと思ってスルーしてコンビニでたこ焼き買って出てきたらそいつがまだいやがったんだ。

ちらっと眼があったような気がしたが気のせいだと思って家に向かって歩き始めたんだ。

だが俺はすぐに異変に気付いた・・・。

続きを読む

これは俺が中国の某所へ会社で商談に行った時の話。

入社一年目のぺーぺーの俺は、二個上の先輩と50代の部長に連れられて中国へ渡ったんだわ。
俺は挨拶ぐらいしか出来ない程度だったので付き従って行っただけだった。

商談はいい感じにまとまった。
その晩に商談相手の中国人らに連れられて、高級かつ格式高げな中華料理屋にて楽しく会食。
向こうの会社のお偉いさん(というか後で聞いたらマフィア)も来てた。

料理自体はめちゃ不味くて、しかしオモテナシだから大量盛りで、しかも相手方のメンツもあるから顔見合わせながら頑張って食ったよ。
しかしまずかった。
何の肉かわからんぐらい臭いし。

続きを読む

テレクラが、話題になり始めていた遠い昔の話。

当時は、援助交際なんて言葉もなく、結構マジな出会いの場だったので、ハマり始めていた俺は、自称18歳の女と出会った。
ちょっと暗めで目がうつろな感じがしたが、まあまあ可愛かったのと、美味しそうな身体をしていたので、イケルと思った俺は、居酒屋で1時間ほど話した後、まんまとホテルへ・・・。

終わったあと、まったりとしながら話をしていた。

俺「君は一人暮らしなの?」

女「うん、そう」

続きを読む

浪人時代に、同じ予備校の人につきまとわれた。
全く身に覚えがないのに、ヤツの頭の中でいつの間にか彼女にされたのだ。
ヤツと高校時代に同級生だったA君が、たまたま私の友人となり、同じ予備校にいた。

ある日の授業で、たまたま隣に座ったのが全ての始まりだったようだ。(「あの時、オレ目当てで近寄ってきたんだ」と、ヤツはA君に話していた)
もちろん、ヤツとは喋ったこともなく、名前も顔も知らなかった。

その数週間後、とある授業で、見知らぬ男が私の隣に座ってきた。
それがヤツだった。

「ここ、座るよ」と、妙に無表情で視線が泳いでいたので、顔を憶えてしまった。

授業中、雨が降り出したら、「傘、貸そうか」と、突然話し掛けてきた。(当然、聞こえない振りをしたが)

口調が妙に馴れ馴れしく、まるで既に知り合いのような、『当然』といった態度が無気味で、浪人中に精神を病んだ人かなと、印象に残ったのだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ