怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

カテゴリ: 謎・不思議体験

これを書いたら、昔の仲間なら俺が誰だか分かると思う。
ばれたら相当やばい。
まだ生きてるって知られたら、また探しにかかるだろう。
でも俺が書かなきゃ、あの井戸の存在は闇に葬られたままだ。
だから書こうと思う。
文章作るの下手だし、かなり長くなった。
しかも怪談じゃないから、興味の湧いた人だけ読んで欲しい。

今から数年前の話。
俺は東京にある某組織の若手幹部に使われてた。
Nさんって人。
今やそういう組織も、日々の微妙にヤバい仕事はアウトソーシングですよ。
それも組織じゃなく、個人が雇うの。
警察が介入してきたら、トカゲの尻尾切りってやつね。

続きを読む

俺の家には、小さい頃からひきこもりのオッサンがいた。
50~60くらいの白髪で家の中にいて何もしない。
当時じいちゃんはちゃんと2人いたから、祖父というわけでもないようだった。
しかも、親父とかお袋はそのオッサンのことを『たかし』と呼んでいて、小さい子の面倒でも見るように接していたので余計にオッサンが何者なのか謎だった。

そして、物心ついた時にはもう家にいた『たかし』にさほど大きな謎も持たないまま俺は小6になった。

俺たちの学校では卒業前に修学旅行があるんだけど、当時俺の家は相当貧乏だった。
別段贅沢をしているわけでもないし両親共働きなのに、我が家は貧乏だった。
だから当然のように、高いお金のかかる修学旅行にの参加は断念された。
残念だけど、仕方ないと思っていた。

続きを読む

8年ぐらい前の話。
根気のある人が調べれば、地方新聞に掲載された記事を見つけることが出来るかもしれない。

爺さんの家には井戸があってね。
もう枯れて久しく、孫(オレや妹の事だ)が遊びにくるから危ないって言うんで潰すことにしたそうなんだよ。

地元の小さな土木会社に頼んで、さっそく仕事に取り掛かってもらった。
中に人が入って深さとか計測したりしたけど、特に変わった事とかはなかったそうだ。(※札があったり古い祠があったりといったオカルト的な事)
だけど、作業中に道具を井戸に落とした人が「取ってくる」と降りて行ったっきり戻ってこない。
ライトを照らして中を覗き込むけど誰もいない。
落とした道具だけが底にある。

続きを読む

去年高校時代の友人Aが突然の病で他界した。
社会人になり、皆で集まることが減ってきた矢先の出来事だった。

葬式では同じクラスだった奴等の半分ぐらいが集まり、葬式後にAを偲んで皆で飲むことになった。
口々にAとの思い出や人柄を語り合い、寂しい酒を味わいながら時間を過ごした。
二時間ぐらい話し、夜も更けてきたので一旦解散し、男連中で二次会に行くことにした。
生前明るかったAのことだから、辛気くさいだけじゃあいつも浮かばれないだろ、パーッと行くか、と。

それで二次会の飲み屋に歩いて行く途中、Aと仲のよかったBがコソコソと俺に話しかけてきた。

「なぁ、皆に言おうかどうか迷ってることがあるんだけど・・・」

うつむき、消え入りそうな怯えた声色だった。

続きを読む

俺の友達に変なやつがいる、そいつの話を。

そいつは女なんだが、なんと言えば良いのか、とにかく不思議な感じのするやつで、結構かわいいので最初俺は付き合いたいと思い色々しようとしたが、なぜかいつの間にか普通の友達みたいになっていた。
その子が去年の11月に俺のアパートに遊びに来ていた時のこと。

最初はゲームとかやっていたが途中で飽きてしまい、何となくテレビをつけてみていた。
特に面白いものがやってるわけでもなく、ぼーっと見ていると、そいつが独り言のようにボツリと「あ・・・この人もだ」と言い出した。

俺は殆どテレビを見ないので良く解らないが、どうも今映っている若手らしいお笑い芸人の事を言っているようで、俺は「何が?」と聞き返した。
すると彼女は、最初「何でも無いからw」と笑って誤魔化していたんだが、俺は暇だった事もあり話題が欲しくてしつこく聞いてみた。
すると渋々こんな話をし始めた。

続きを読む

↑このページのトップヘ