確か今から6~7年前だと思います。
友達と夏に夜暇で、肝試しに神奈川の観音崎公園に行ったとき友達のA君が親のビデオカメラを持って来ていてとりあえず、ビデオを撮りながら公園をグルッと回りました。

霊感のない私達は幽霊らいしき物は見えず、無事(?)下の駐車場まで帰ってきました。
帰りがけに駐車場の近くにあるトイレに、A君と友達数人でトイレに行ったと思います。

その後、全員車に乗り込み、「怖かったね~」とか話しをていると、途中でA君が「やば、トイレにビデオカメラ忘れてきた」と言いました。

ふざけんな・・・と思いながら仕方なく急いで公園に戻り、無事ビデオを回収。
家に着いてからはさすがに疲れたのでとりあえず解散し、後ほどビデオを見ようと言う話になりました。

何日か予定が合わず、ビデオは見れずじまいだったのですが、一週間ぐらいたった夕方ごろ、一緒に肝試しに行った友人の一人から電話がありました。

「A君、今日事故で亡くなったって・・・」

悲しみにくれながら葬式は終わりました。
それから数年が経ち、肝試しに行った事も忘れていたある日、友達数人と遊んでいると、怖い話になったのですが、その時いた後輩が「友達の友達から聞いた話なんですけど、肝試しに行った人が、ビデオカメラをトイレに忘れてきたらしいんですけど、後から見たらトイレで誤作動したらしく、そこに幽霊が映っていてそれを見た人は、発狂して家を飛び出たらしいんですけど、その後事故で死んだらしいですよ」と・・・。

正直、ブルッとしました、あまりに私達の行動に似ていたので・・・。
後輩に聞いてみると、出どころはA君の弟から聞いと言ってました。
あまり思い出したくないお話です。