『ひきこ』さんの本名は「森妃姫子」といって、もともとは背が高く良い子だったそうです。
しかし同級生に学校でいじめられるようになり、自宅でも親からの虐待に苦しんでいました。

特に学校ではいじめっ子たちから「先生ひいきばかりされやがって!そんなにひっぱってほしいのかい?ひいきの『ひきこ』、ひっぱってやるよ。」そういっていじめられて、手を縛られいじめっ子たちに足をつかまれて学校中を引き回されました。
『ひきこ』さんは廊下の角などに顔をぶつけたり、切ったりしてしまいました。

クラスへ戻ってきたときには顔はまるでお化けのようになっていました。
それから『ひきこ』さんは学校へ行かなくなりましたが、それでいじめがなくなるわけではありません。
今度は酒乱の父親とそれに同調する母親から家でも虐待を受け、引きずられることになりました。

それでも『ひきこ』さんは、家の家具にしがみつき、酷いいじめの待つ学校へ決して行くことはしません。
そのまま部屋に閉じこもったまま『ひきこ』さんは出てこなくなりました。

「学校へ行かないから飯などやるものか!」

怒った両親は『ひきこ』さんにご飯を与えなくなりました。

しばらくして両親が部屋を覗くとそこには虫を食べる『ひきこ』さんの姿がありました。
それから親は100円のおにぎりと水を申し訳ない程度に差し入れるだけで『ひきこ』さんを部屋に閉じ込めたままでした。

『ひきこ』さんは雨が好きでした。
醜いヒキガエルは自分の醜さを忘れさせてくれるようで、『ひきこ』さんは雨の日は引きこもっている家を抜け出して、小学生たちを襲うようになりました。

『ひきこ』さんが現れるのは雨の日だけで、小学校の近くの出没しては傘で視界の狭くなった小学生を襲うのです。

小学生を見つけると「私は醜いかぁ~!!」と叫びながら全速力で追いかけます。
もし追いつかれてしまうと、足を持たれて地面を引きずられ、その手は次の小学生を見つけるまでは絶対に離すことはありません。

そして次の小学生が見つかるころには、変わり果てた肉の塊だけが『ひきこ』さんに握られているそうです・・・。