うちの町内にある木造2階建アパートはK荘といい、既に数年前から無人で今では入口も厳重に封鎖されている。
このK荘に最後まで住んでいたのは弟の中学時代の同級生だったNという一家だった。

この一家はひどく貧乏で出ていくあてがないため立ち退きを促されても住み続けていたのだか、ある時期から姿が見えなくなった。

N一家がいつ出ていったのかは誰も知らないし近所では急に消えたと言われてた。
もともとN一家は近所付き合いがほとんど無く、特に父親は数々の奇行で有名でこの一家がいなくなっても誰も気にかけはしなかった。

以来K荘の入口には鍵がかけられ、不動産屋の紙が貼られているのみだった。
ところが無人になったはずのK荘から夜になると人の声がするという噂が広まった。

浮浪者でも住みつくいたかと心配した町会が管理の不動産屋に調査してもらったが、不動産屋の調べでは『全て異常なく、全室の施錠を確認』と報告してきた。(当時うちにも報告が回覧板で来ていた)

しかしK荘から叫び声や笑い者がするという噂は絶えなかった・・・。

ある日、俺がこのK荘に向かって「おーい!」と叫んでみた、すると突然中から「ウワーッハッハッハ~」と周囲に響き渡るような哄笑が返って来た。

・・・男の声だ、明らかに中に誰かいる!?

翌日弟と一緒にまたK荘に、弟が同級生だったN家の長男の名前を喚んだらまたしても「ワーッハッハッハ~」狂ったような男の笑い声が・・・。
さすがに怖くなったが、声は二度とも一階の奥の方から聞こえたように感じた。

弟が言うには一階の奥の部屋こそN一家がかつて住んでた部屋だという。
閉鎖されてるK荘にN一家がまだ住んでいるはずがないが、一体だれの声なのか?

その半年ほど後、K荘を管理している不動産屋の社員がK荘の中で自殺するという・・・異様な事件が発生した。

俺と弟はこの件を直接は知らないのだけど、結局この件は単なる自殺として片付けられ、警察も数日で来なくなったそうだ。

そのあとK荘の前にはバリケードのような物が作られて全く侵入不能になった。

しかし、確かに聞いた笑い声・・・事件にもなぜか沈黙した町会・・・異常な厳重封鎖。
不動産屋は詮索されたくない何かを町会に因果を含めて隠蔽したのではなかいか?

俺と弟はあの笑い声の主をK荘のヌシと呼んでいるのだが、アレが今でもK荘にいるとしたら、N一家との関係はともかく、それは人じゃないものなのかも知れない。

マジでいっぺん警察に調査してほしいと思う。