結構長いです。
文章にするの苦手なので変なとこあるかもですが良かったら読んでくださいな。

数年前レンタルビデオ屋でバイトしてた時の話です。
当時私は大学に通いながら深夜の時間にバイトしてました。
店長に「新しい子が今日から来るからいろいろお世話お願いね」と言われて、いつも深夜の時間人手不足で一人でやっててやっと寂しい時間が終わるなーなんて思ってました。

「こんばんは。今日からお願いします。」

私より背丈が高くて肩にちょっと髪がかかってる女の子でした。

「お願いしますー。深夜に女の子がバイトするなんて珍しいですね。」

「自給に惹かれちゃって・・・。」

なんて他愛のない話を数日してました。
バイトの時間は人もあんまり来なくて暇だったからよく話してました。
いつしか付き合うようになって彼女が私に言ってきました。

「私、一年前まで病院にいたんだ。道端に倒れてたらしいんだけど記憶がないの。子供の頃の記憶も。なんで倒れてたのかも。」

「病院で目が覚めたときにはいままでの記憶がなかったってこと?」

「うん。名前はわかったんだけど、何処に住んでたのかも家族のことも分かんないの・・・。」

彼女は泣きそうになっていました。

「そうなんだ・・・。警察とかには言ってないの?」

「病院に居たとき進められたけれど、何故かわかんないんだけど、探す気になれないんだ。もちろん今も。」

私は家族に会いたくない過去でもあったのかなーなんて思っていました。

「まぁ、楽しい思い出はこれから作っていってさ、家族のこととかは会いたくなったら言えばいいんじゃないかな。」

空気が重かったので私は軽く流して別の話題にすぐ変えました。

ある日一緒に家で寝てた時、彼女が突然起き上がりました。

「どうしたの?」

「なんか夢?っていうか頭に浮かんだ。」

「何が?」

「昔のこと、病院にいたときより前のこと。」

「ほんと?何が浮かんだの?」

私は楽しみな顔で聞きました。

「よくわかんないけど、山の中でね私走ってるの。私の前にも誰かが走ってて、私その人のこと追いかけてるのかな?それでね私の前に走ってた人が突然倒れたの。そこで頭の中がぷちんって切れて夢みたいなのが終わったの。」

「なんかよくわからんな・・・。何処の山とかはわかんないよね?」

「わかんないよ・・・。山なんて何処も同じような感じだし・・・。」

その日はあれやこれや話して疲れてたので寝ました。

次の日私はバイトに行ってて暇な深夜の時間に入り、ぼっーとしてると電話が鳴りました。

「私だけど。今いい?」

彼女からの電話でした。

「暇だからいいよ。お客来たらすぐ切るね。」

「うん。さっき寝ててまた夢みたいなの見た。何か暗い木の部屋にいてね。私の他に4人の人が立っててね。また4人とも突然倒れて気がついたの・・・。」

「何だろう。不思議だね。二日も連続で見るなんて。」

「何か思い出していくのが怖いよ。」

彼女の声は震えていました。

「大丈夫だよ。疲れてて変な夢見てるだけだと思うよ。昔あったことじゃないんじゃないかな。
あっ、お客さんきたから切るね。」

「あ・・・。うん。ありがとう・・・。」

彼女は何処か悲しそうな声で言い電話を切りました。

朝バイトが終わって家に帰ると彼女がお願いがあると言ってきました。

「昨日あれから寝れなくてずっと起きてて、また頭に過ったんだ。」

「夢の続きみたいなやつが?」

「うん。絶対起きてたから夢じゃないよ!それでね、山の場所が分かったの。それで今からそこに行きたいの。」

新幹線に5、6時間乗り、何回か乗り換えて山がある場所に行きました。
私は新幹線の中で寝ようとしたのですが、不安めいたものがあり寝付けませんでした。

「うん。絶対ここ。」

そう言って彼女は山の中に進んで行きました。

山の中には小屋の跡地みたいなものがありました。
燃やされたような感じでした。

「何か思い出した?」

「うんん。何も思い出せない。でもたぶんこの小屋に居たと思う。」

「途中来る宿で泊まって何か思い出すか待つ?」

「嫌!!絶対嫌!こんなとこにいたくない!」

彼女は突然怒鳴り出し、私を突き飛ばしました。

「あっ、ごめんなさい。」

「疲れてるんだよ・・・。もう帰ろ・・・。」

私は彼女の肩を抱きながら山を降り家に帰りました。
私も何故かこの山の近くにはいたくありませんでした。

私はその日もバイトだったので彼女によく寝なよ、と言いバイトに行きました。

バイトから帰って家に着いた時彼女は家にはいませんでした。
携帯に電話しても圏外でした。
私は心配しましたが、寝れてなかったので倒れるように眠りにつきました。

その日は私も夢みたいなものを見ました。
私は山の中を走っていました。

何かに追われてるのか後ろを気にしながら走っていました。
目が覚めた時横に立っていました。

「何処いってたの?携帯繋がらなかったけど」

「昨日の山の小屋に行ってきてた。」

「また?なんで?勝手に行かないでよ・・・。」

「ごめんなさい。でも何か行かなきゃならない感じがしたの。」

「それで、何か思い出した?」

「うん・・・。あの小屋に私、家族といたんだと思う。それだけ・・・。思い出したのは。」

「そっか・・・。一回警察に聞いた方がいいんじゃないのかな?燃えてたみたいだし、何か知ってるかも。」

「それだけは嫌!!絶対言わないで!!」

一瞬彼女の顔ではないものが見えたような気がしました。

「ごめんなさい。もう黙って何処かに行ったりしないよ・・・。」

その日は二人とも寝ました。

それから数日がたったのですが日がたつにつれ彼女は痩せて行きました。
私は彼女にバイトをしばらく休ませました。

大学の講義が終わってすぐ彼女から携帯に電話が掛かってきました。

「どうしたの?」

彼女は泣いていました。

「すぐ帰るから待ってて。」

私はそう言い急いで家に帰りました。

彼女は帰ってもまだ泣いていました。

「あの小屋で倒れてた人たちね・・・。なんで倒れたのか分かったの・・・。部屋の中は真っ赤に染まってて・・・。」

私はそれ以上聞きたくなかったので彼女をやさしく抱きしめました。
私はその日なかなか寝付けなかったので起きてたんですが突然彼女がまた起きました。

私は声をかけようと思ったのですが横顔を見てやめました。
私は早く寝よう寝ようと思い眠りにつきました。
朝起きると手紙が置いてありました。

おはよう。
山に行きたくなったので山に行きます。
良かったら来てください。
待ってます。

私は何も考えられずただ山に向かうために進んでいきました。
山に着いた時にはもう日が暮れていました。

もう暗いのに山にいるのかな・・・。
ずっと山にいるのかな・・・。

私は近くの宿に行き女の子が近くを歩いていなかったなど聞きましたが、そのような女の子は見てないようでした。

真っ暗な山道。
先が見えない山道。
何が起こるかわからない山道。

私は足を進められず彼女には悪いと思いながらその日は宿に泊まりました。

朝起きると不思議な顔をした女将さんが何かを持ってきました。
切手が貼られていて私の部屋の番号が書かれていた封筒でした。

山に来てよ。
お願い。
待ってるよ。

名前は書かれていませんでしたが誰が書いたものか分かりました。

私は山に向かいました。
太陽が昇っているのに山は薄暗かったです。
私は小屋まで進みました。
小屋の中には手紙がありました。

来てくれてありがとう。
もう私いなくなっちゃたんだ。
ずっと一緒にいられなくてごめんね。

私は意味が分からず立っていると後ろから何か堅いもので頭を殴られました。
私は倒れ、後ろを見ました。

「は?なんで・・・?」

彼女が木の棒を持って立っていました。

「私全部思い出したんだー。教えてあげる。特別だよ?」

以前の彼女なのか声も顔も別人のようでした。
大人っぽい声だったのに子供のような声でした。

「まずある人を追いかけてたことから教えるねぇ。私その人に振られたんだー。でね、私殺しちゃったんだ。そいつ私に脅えながら何回もあやまって逃げ回ったんだよ?バカだよねー、逃げられるわけないのにね。」

私は何とか立ち上がろうとしましたが彼女に簡単に倒されました。

「まだお話終わってないよ。私家族が嫌いだったんだー。妹がいてさぁ、弟もお母さんも妹のことばっかり可愛がるんだもん。つまんないでしょ?だからこの小屋で殺しちゃった。簡単に死んじゃったよー。あの男みたいにもっと逃げ回ってくれたらおもしろかったんだけどね。さ、お話終わり。君は頑張ってくれるよね?」

そういいながら彼女は棒を高く上げ私に向かって振ってきました。
私は手でそれを受け彼女を突き飛ばし、山の中に逃げました。

山を降りよう。
早く。

降りれば助かる・・・。
私は無我夢中で走りました。

もうすぐだ。
私はそう思いながら後ろを見ました。
後ろには彼女の姿はありませんでした。

彼女が何故か前にいました。
私は急いで静止しました。

「この山の道には詳しいんだ。お疲れさん」

私は頭を殴られ倒れました。
倒れてから彼女は何度も何度も私を殴りました。
気づいたら時のは病院の中にいました。
山の中で倒れていたそうです。
彼女の姿はなかったみたいでした。

数ヶ月がたち退院し以前の彼女がいない日々に戻っていきました。
彼女はあの日から私の前には現れませんでした。

彼女は今記憶を失っていて何処かの病院にいるのだろうか。
それとも罪を償おうとしているのか。

それともあの山をまださまよっているのだろうか。

私は彼女の私物を片付けながらいろんなことを思っていました。
何故か涙が止まりませんでした。