昔、川崎の緑ヶ丘霊園(津田山霊園とも呼ばれてるらしい)という所に『さとしちゃん像』というのがあってそこに子供の幽霊が出ると評判になった事がありました。
友人が行こうと言うので二人で行ってみた事があるのですが、その時DOQ珍走団の先客が4人来ていて見物していました。

私達は奴らが行くまで待ってようという事になりクルマで煙草を吸いながら世間話をしていたんです。
しばらくしたら珍走団の一人がガンをつけるようにじっとこっちを見ている、だんだん全員がこっちを見出して何やら話しながら私達のクルマに近づいて来てこう言いました。

「おい!後ろでガンつけてる奴、何か文句あるのか出て来い!」

私達は何の事か分からず・・・。

「後ろの奴?何の事だ?俺ら二人だけだぜ。。。」

そう言うと奴らは車内を覗き込み二人だけしかいない事を確認すると血相変えて「お。。。おい、やべえぞ。。。逃げろ!行くべ!」などと言いながら一目散に退散して行きました。

残った私達は何の事か分からずにポカンとしていましたがしばらくして真相がつかめました。

「そうか。。。後ろに誰かがいる。。。のか?」

私達も血相変えてその場を速攻で退散し明るいファミレスに向かいました。

その後、何も起きませんでしたがきっとあの珍走団達の間では今でも語り草になっている事と思います。