これは僕がまだ広島に居た頃の話なのですが、当時僕は○7才でした。
産まれ育った尾道の隣町、福山には全国的にもすごく有名な心霊スポットがありました。
そう『グリーンライン』と呼ばれる山です。
そこでの実体験を書かせていただきます。

当時よく友人MとHの三人でよく福山駅のロータリーに車でナンパしに行ってたんですけど、その日は女の子二人をゲットしていつもならカラオケに行くのに、その日は・・・なぜかグリーンラインに行ったのです。

グリーンラインは国道沿いの山路で備後赤坂から鞆の浦まで続く道なのですが、その途中に中川美術館や首なし地蔵が有名な場所でご存知の方もいるかなと思います。

その日は首なし地蔵へ行くことになり、僕が運転していました。
そして首なし地蔵に着いて、記念写真を撮ろうということになり、車から降りて写真を撮ったのですが、それじゃ楽しくないと思い僕がムービーを撮ったのです。

車に戻り友人Mに運転を任せて記念撮影した写真とムービーを女の子と確認していました。
写真を見ると何の異変も見当たらず「つまらんな~」と皆ガックリきていたのですが・・・僕のムービーを見てみると、あきらかに人間の顔が映っていて、唸り声が聞こえるのです。

「うーーーっ」

みたいな声で、僕らは面白くなり何度も何度も再生していると、声や表情がその都度変わっていきました。

さすがに気味が悪くて、女の子二人は泣き出してしまいました。
ふと友人Hの様子を見てると明らかにおかしくなったのです・・・。
いつもはお喋りな彼ですが、目が座り喋らなくなりました・・・。

車内の賑わいは無くなり鞆の浦までの道がやけに長く感じました。
フクロウが車のフロントガラスの前をまるでついてくるかの様に飛んでいました。
何とか
グリーンラインから降りてきて鞆の浦(とものうら)に着き酒でも呑んでパーっとやろうということになりコンビニに寄り波止場で楽しく盛り上がりました。

友人Hも表情を取り戻し、ちょうど朝日が昇るくらいの時間でもの凄く綺麗だったのは覚えています。
ふと気ずくと友人Hがいなくなっていました。

どこに行ったのだろう?と思い探していると突然・・・車が動き出していました!

何だか嫌な予感がした僕は走り出した車に飛び乗りました!
「何してるんだよ?」と問いかけると、彼の目は座っていて友人Hは言ったのです・・・。

「一緒に死のう。」

そしてアクセルを踏みどんどん加速していくのです、メーターは160キロまで上がり友人Mと女の子がいる場所まで・・・。

相当パニック状態の中、僕は友人Hの名前を呼び続けていました!
そして女の子がいる寸前の所でHは正気を取り戻したのかブレーキをかけると車がスリップし始めHはとっさの判断で工場のフェンスに車をぶつけました。
車が横転しだしたその時、女の人が立っていました・・・。

そのシーンだけは鮮明に覚えています。

そして僕らは横転する時に頭を強く打ち意識を失っていました。
車からはガスが噴き出しもう海に落ちる寸前で逆さになり止まりました。
僕らは奇跡的に助かりました。

後日、警察の調書を受け大破した車の後部席の写真を見ろと言われ見てみると、何とも言えない女の人の顔が映ってました・・・。

初めての怖い体験がこんな事になるとは思っていなくて・・・グリーンラインにはもう絶対に行きたくないです。