住人の方が見ていたらゴメンナサイ。
群馬県にある広瀬団地の話です。

クラスメイトの池上さんから聞いた話なのだが、群馬県のコアな心霊ポットとしても名前が通っているらしい。

前橋市に存在する、古びた団地である広瀬団地。
不思議な事にこの団地は事件、事故が妙に頻繁に起こるという。

この広瀬団地で昔、ある銀行員の男性とその家族が住んでいた。
銀行の集金係りだった男性は、ある日、集金中に突然行方不明となったという。

「銀行員が大金を持ったまま行方をくらました」

これだけの情報なら、当然大金を持ち逃げしたととられても仕方が無いかもしれない。
残された家族は世間から白い目で見られ、耐えかねた母子は心中してしまったという。

しかし事態は銀行員の男性の遺体発見という形で急展開を迎える。

実は男性は集金中、強盗にあい殺害されていたのだ。
不運な一家は最悪の結末を迎え、広瀬団地の家族が暮らした部屋は無人となった。

当然、管理者はそんな痛ましい事件はどこ吹く風と、空き部屋となったその部屋に新しい入居者を迎え入れるのだが・・・3日ともたずに部屋を後にしてしまったという。

その後も新しい入居者が部屋に入っても同じように数日で出て行ってしまい、最終的に肝の据わったスジ者の人間がその部屋に入居したそうだが、彼らも瞬く間に部屋から逃げるように去ってしまったそうだ。

この事態に耐えかねた管理者はとうとうその一部屋を撤収する為、業者を呼んで室内の家具などを処分してもらう事にしたのだが、その業者すら、家具を運び出す途中で逃げてしまったという話しで、しばらく団地に家具を積んだトラックが放置してあったのを見た事があるという。

いったい、その銀行員家族の住んでいた部屋でどういった現象が起こっていたのか、家族の霊が出ていたという話しだが、真偽を確かめようにも現在、その部屋のあったアパートは取り壊されて駐車場となってしまっている。