北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者とされている三男の金正恩(キム・ジョンウン)が自分は父親の金正日を暗殺したと証言している動画がネット上で話題になっている。

北朝鮮の公式発表では金正日総書記の死因は心臓麻痺とされている。
現地指導に向かう列車の中で亡くなったとのこと。

ただ、死因については金正日の父親である金日成(キム・イルソン)国家主席とまったく同じであり、捏造されたとされる見方もある。

暗殺説も複数囁かれているが、後継者で息子である金正恩が表舞台が姿を現してからというもの、幹部の不審死が相次いでおり、父親を殺めたとしても不思議ではない状態だったらしい。
これまで死亡した幹部は世襲を良く思わない者や、まだ金正恩を若造と見ている者が中心だという。

まさに都市伝説のような話であるが、あの国であれば実際に起こってもおかしくないと思ってしまう。

金正恩は三男であり、母親は在日朝鮮人の高英姫。
日本の大阪市にあるコリアンタウン出身。

異母兄弟で長男の金正男(キム・ジョンナム、マカオやディズニーランドが大好き)や同母兄弟で次男の金正哲(キム・ジョンチョル、エリック・クラプトンが大好き)という兄を退けて後継者候補一番手になった三男金正恩はこの先、兄のことも殺めるのだろうか。

問題の動画では金正恩は金正日を注射を売って殺したと証言している。
この動画を信じるも信じないもあなた次第である。

▼問題の動画
※リンク切れになっている場合はご了承下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=CKZodyLVyuc#t=33