個人的にほんのり怖い・・・ていうか不思議な経験をしたので書いてみます。

もう6年ほど前の事なんですが、当時私は趣味のカメラを片手にバイクで走りまわっておりました。
ある日、先輩と一緒に廃墟撮影に行こうということでとある旅館跡へバイクを走らせました。

昼過ぎに到着し、ちょっと藪(やぶ)こぎをして廃旅館へ。
先輩は何度か来たことがあるようで案内してもらいながらウロウロしていると、とある部屋の近くに来た時に何とも言えない臭いがしました。

怖い系の話が好きな人には何となく察しがつくと思いますが・・・。

廊下を奥に進むとその臭いはどんどんキツくなります。
二人共もう確信を得ていて、とある部屋を覗くと・・・やはり自殺体でした。
死後数日は経過しているようで、あとはご想像にお任せします。

ふと足元を見ると遺書のようなものが置かれていて、申し訳ないと思いながらも好奇心で読んでみました。
そこには自分の人生の悔いや反省などが綴られており、人生に疲れたとのことが書かれておりました。

何やらいろいろな苦労が重なり、死を選んだその人を見ると何かやりきれない気持ちになりました。
しかし、あまりにも臭いがきついのと警察への通報などから一度バイクまで戻り、警察へ通報しました。
30分ほどで到着するとのことだったのでタバコに火を点けあまり会話もなく警察の到着を待つことに。

パトカー2台と警察のバンが到着し、現場検証と事情聴取のため現場に戻り検証を終わらしてパトカーに戻るとお決まりの軽いお説教が・・・。

まあ写真を撮りたいとはいえ、立派な不法侵入なのであまりこういう場所には立ち入らないようにとのいつものお言葉。
しかし今回は仏さんの発見につながったので軽い注意で済みました。(たまに署まで・・・という事例が過去何度か。)

聴取も終わりパトカーから出た時、ちょうど仏さんが運ばれていくところで二人で手を合わせて見送りました。
まあせっかく足を伸ばしてここまで来たんだからと海辺を走って美味しいもの食べて帰ろうやということで海辺の道の駅へ。
レストランで海鮮丼を頬張りながら先輩が、「お前、あの遺書の最後の方にお前んとこの近くの地名出てたな。」

私「ああ、あそこは有名な酒造があるんですよ。遺書の最後にもそこの酒造の酒が最後に飲みたかった、って書いてありましたよ。」

先輩「そうか・・・。よっぽどそこの酒が好きやったんやろうなぁ・・・。」

私「そうですね・・・。今度供養の意味でも買っていって供えましょうか。」

先輩「そやな・・・。なんかやりきれん遺書やったもんな。」と飯時に話す話題ではないんでしょうが後日ご供養に日本酒を買ってお供えすることに。

そして数日後、先輩の車で廃旅館まで行くことに。
実は例の日本酒なんですが割とその酒造では安い方に入る酒でして、せっかくお供えするのに安酒ってのもなぁ・・・ってことでちょっといいほうのお酒を買って行きました。

現地に到着し、お線香と花を備えてお酒は升にめいっぱい入れて供え、瓶は蓋をして供えました。
その日はあまり寄り道もせず帰宅しました。

連日の出来事で疲れていた私はベッドに入るとすぐに寝入ってしまったようで、初老の男性が私に仕切りに頭を下げる夢を見たのです。

翌朝、夢の内容を覚えていた私はあの時の仏さんかな?っと思い、不思議なこともあるもんだなぁ・・・とあまり気に止めずもそもそと朝食を食べていました。

するとA先輩から携帯に着信があり、「おきとったか。なあ、お前変な夢みんかったか?」と。

「もしかしておっさんがずっとお辞儀する夢ですか?」

「それや!ただそれ以外なにもなかったんやけど・・・」

「僕もそうですよ。お供えいってよかったんとちゃいます?w」

「そやなwそういうことにしとこかw」

てな具合に二人共同じ夢を見ていました。
不思議な夢だったんですがちょっといい気分でした。


後日談がありまして。
そんなことがあってから4年後、たまたま先輩とキャンプツーリングでその現場近くを通った時に行ってみようかと先輩が言い出し現場に足を運んでみました。

そこには朽ちて半分土になってる花束の跡と黒ずんでおがくずのようになった一合枡が置かれていました。
もちろんお供えした一升瓶も。
その時ふと気になって一升瓶に目をやるとなにか違和感を感じました。

4年間も放置されていたので埃をかぶっているのですが・・・中身が無いんです。
最初は浮浪者が飲んじまったんだろうかとも思いましたが、周りの埃を見ても瓶が動いた形跡は全くありません。
先輩と顔を見合わせ、まさか・・・とは思いながらもその瓶を元に戻し、その場をあとにしました。

その後、近くの道の駅で休憩しながらさっきのことを思い返すと、なぜか少し嬉しい気持ちになりました。
あの仏さんが最後に飲めなかった酒を飲ませてやることができたんだなと・・・。

そのあと道の駅で購入した地酒を一本、またお供えに行きました。
その日の晩、キャンプ場でテントを貼り焚き火を眺めながら二人で買った日本酒をちびちびやっていると焚き火越しに誰かがいたような気がして、はっと顔を上げるとそこには誰もおらず近くの別のキャンパーが見えるだけでした。

だたなぜかその時とても暖かいものに包まれたような気がして自然と笑みがこぼれました。
先輩もなにか感じてたようで二人共ちょっと笑っていました。

ふと乾杯ってつぶやくとグラスに何かが当たったような感触がしました。
その日の晩は何かとても穏やかな心で呑みあかし、就寝しました。

旅を終え、自宅に帰って荷物を片付けているとあの時買ったお酒が出てきたんですが、なぜかあんまり減っていませんでした。

「結構あの晩飲んだつもりだったのに・・・律儀なおっちゃんやなぁ・・・w」とまた朗らかな気持ちになりました。

もうその廃墟は解体され、今は空き地になっています。
ただ、旅行でそこを通るたび思い出して顔がほころびます。
以上が私の経験した不思議なことです。