私が体験した実話です。
文章を書くのが苦手なので、読みにくかったらスルーしてください。

数年前、アパートで一人暮らしをしていました。
同じ時期、私が働いていた会社の上層部で問題が起き、仕事が出来なくなり、休職となってしまい、
私はその会社を辞めてとりあえず生活するために日払い制度のある水商売をしていました。

その日暮らしというのは大変な生活です。
なんとか日々の生活には困らなくなり、日払いから月払いへ移行して貰い、生活も人並みになることが出来ました。

水商売といっても、同伴もノルマもなく、カウンターでカクテルを作りながらお客さんと世間話をしていればいい、という健全なバーでの仕事です。
収入も時給1000円、至って質素な生活でした。

その頃付き合っていた彼が、仕事を辞めて私の部屋に転がり込み、同棲生活になってしまいましたが、仕事を探しに行くと言ってパチンコに行き、光熱費すら払わずに私にお金を借りる彼に嫌気がさしました。

時給1000円で家賃と二人分の光熱費と食費を払うのがどれだけ大変か・・・。

仕事を終えて朝方部屋に帰ると、電気を点けてゲームばかりやっている彼に殺意が芽生え、「ピカチュウじゃないんだから電気代を浪費すんじゃねーよ」と言ったのを覚えています。

もう同棲生活は破綻していました。
私はピカチュウに、仕事をしないなら出ていけと言い、半ば追い出す形で別れました。

私は生活を立て直そうと必死でしたが、仕事がある事だけが救いです。
なんとか気持ちを前向きに保ちましたが、今考えると、いつでも折れる寸前だったように思います。
そのせいか、好きでもない人と付き合ってしまいました。
本当に私がバカでした。

最初は全く知りませんでしたが、その男には彼女がいました。
私はそれを知った時に、すぐに別れようとしましたが、男が拒否します。
話が前に進まないし結論もでないので、面倒になり、そのまま放置していました。

しかし私の知らない所で話が進み、その男が彼女に別れ話をしたそうです。
そして、別れ話がこじれて、彼女が私の部屋に怒鳴り込んできました。

朝の6時でした。
玄関をあけると、男はその彼女の後ろに情けない顔でついてきています。
ムキー!と怒っていたちんちくりんな女にも心底ウンザリしましたが、2人とも部屋にあがって貰い、話を聞きました。

チンチクリンは、怒っていたのは玄関先でだけ、部屋に入るとすっかり落ち着いて、「キレイな部屋ですねー、あたしとは大違い」と部屋を見渡してから、男を睨みつけました。

私はその顔を見て、またウンザリしました。

最初はそうウンザリしていましたが、チンチクリンと私の会話は進み、なんか仲良くなってきました。

私「最初は彼女さんがいるとは聞いてなかったんです。こないだ聞いて別れようと言ったんですけど・・・」

チンチクリン「そうだったんですか、そうとは知らず、朝早くから、すみません」

チンチクリンは、安堵の表情を浮かべました。

良かった。
やっと別れられる。

チンチクリン「実はあたし達、結婚の約束をしていたんですよ」

私「そうなんですか。私は別れたつもりだったので関わる気は全くないです。お幸せにね」

チンチクリンはやっと笑顔を見せました。
私も安心しました。

ところが、男が空気を読みません。

男「お前と別れて(私)と付き合う」

チンチクリン「!?」

私「はあ!?」

この男、もはや日本語が通じないとしか思えません。

チンチクリンの顔がみるみる曇り、見ている私まで心が痛んできました。

男「お前と結婚する気はないんだ。俺は(私)と付き合う。お前はもう帰れ」

ちょ、なんだそれ。

私「いや、私はもう・・・」

言いかけてチラっとチンチクリンの顔を見たら、何も言えなくなりました。
それほど悲痛な表情をしていました。

このKY男にこれ以上喋らせてはいけない、と思い、私はキッパリと、「もう2人には関わらないし二度と会わない。こんな酷い(男)は大っキライわかったら2人で寄りをもどし・・・」

男「嫌だ!大体、お前が(チンチクリン)が余計な事をしなければよかったんだ!」

もうだめだ。
チンチクリンは泣きそうでした。
そして、無言で勢いよく部屋を飛び出していきました。

男「・・・」

私「・・・早く彼女を追いかけなよ」

男「嫌だ」

私はとうとうブチ切れました。

私「てめぇそれでも男かよ。彼女が自殺したらてめぇのせいだからな。出ていけよ」と言って男を追い出しました。

その後すぐにチンチクリンが自殺未遂をしたと、男から連絡がありました。

だろうな、浮気相手の前であんな事言われたら・・・。
まあこれで2人が寄りを戻せばいいかな、と私は楽観的に考えていました。
ところが、そう簡単には終われませんでした。

その後、KY男とは連絡を取らず、着信拒否にしてひたすら雲隠れしていましたが、やはりというかなんというか、ストーカー行為をしてきました。

玄関の前でぼーっと佇んでいたり、カーテンを開けると窓の下にいたり・・・。

私は毎日電気を消して居留守を決め込みました。
外にも出ず、なかばヒッキーです。

同時に、職場にも別のストーカーが現れました。
この話には関係ないので詳細は省きますが、前職の仕事関係で少し話しただけの、名前もしらないオサーンですが、私とヤッタという噂を元彼や友達に流した変態です。

あの手この手で私に近づいてくるし、とうとう職場までバレたため身の危険を感じて、すぐに仕事を辞めました。

それ以外にも、夜道で知らない男に追われて捕まりそうになったりと、散々でした。
外が怖くなり、完全に引きこもり生活です。

そんな時、異変が起こり始めました。

異変とは、音です。
台所で「カラン」と缶が転がるような音がしました。

最初は普通に、台所に置いたゴミ箱の中の缶が転がったんだろう、としか思わなかったので、気になりませんでした。

ある日、ゴミの日に缶類を出して、部屋の中には一つも缶がないのに「カラン」となる事に気がつきました。

それから私は、音に注意を払うようになりました。

わかったのは、その音がなるのは夜中の2時丁度から、朝4時までで、それ以外の時間には一度もなりません。

当時、ヒッキーだったため、一日中部屋にいたので、時間は確かです。
精神的に追い詰められていたので、幻聴や耳なりも有り得ますが、そんなあやふやな音ではなく、実際に缶が転がったとしか思えないリアルな音で、遊びに来た友達も音を聞いているので、幻聴ではないと思います。

毎日同じ時間にカランとなるだけで、実害はなく、不思議ではありますが、怖くはなかったです。

音とストーカーと、半分は私のせいで自殺未遂をしたチンチクリン。

私は悪くない。
と思っても、嫌な気持ちで毎日を過ごしていました。
そのうちに私はふと気づきました。

「この音はチンチクリンの呪いか?」と。

もしそうなら、音の主という物があるはずです。
主があるなら、話せばわかるかも?と考えて、夜中の2時にまたカラン、と鳴り出した時、「あんたウルサいよ。勝手に人ん家に入り込んで騒音ださないでくれる?」と声に出して言ってみました。

面白い事に、そうするとその日はもう音がならないのです。

しかし毎日2時になると再び始まります。
もう、音がなると2時になったと無意識にわかるようになってきました。

毎日、ストーカーに悩まされ、引きこもっても怪音に悩まされ、とうとう実家に逃げました。

不思議な事に実家までは怪音は追ってはきませんでした。

半分家出みたいに一人暮らしを始めた私は親に謝り、すごく反省してまた実家で暮らすようになり、今に至ります。

あの怪音や不運の連続は、家出をした罪とチンチクリンの呪いだと思っています。
呪いの正体とは、生き霊に他なりません。
無念など負の感情が誰かに向かった時に、簡単に生き霊として飛ぶものだと思います。

この経験のせいか、私は生き霊に敏感になり、その後も生き霊の存在を感じる事があります。