怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

2016年01月

自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館なんかで読んでたのはいっつも日本の民話や世界の昔話の怖いやつばっかりだった。

四国の片田舎で育ったから、遊び場は神社や昔の塚。
小高い丘になってて、中腹に横穴が掘られてて、中に何かを祭ってたり、戦時中は防空壕として使われてたりしてた。
罰当たりというか、怖いもの知らずというか、そういうところに入り込んでは日が沈むまでやんちゃして。

つまり自分は怖いものは大好きだけど、霊感とかはなかったほうだ。
そんな霊感ゼロの自分の周りには、なぜかいつも霊感の強いやつがいた。

続きを読む

とある私立小学校での話。

その学校では警備員を数人ほど配備していた。
ある日のことである、突然警備員の一人が卒倒し意識を失うという事件が起こった。
すぐ様、救急車が呼ばれて倒れた警備員さんは病院へと運ばれて行ったのだが、警備員さんの様子が普通ではなかったそうだ。

その現場を目撃していた児童らの話によると意識を取り戻した警備員さんは「宇宙人に脳を乗っ取られた!!」と、そう叫び暴れだしたというのだ。

続きを読む

友人(A)が変死した。

Aは就職浪人中でコンビニでバイトしていたが深夜仕事中にそのコンビニの駐車場脇(周りから死角になっている)で死亡した
原因は心臓発作だったが、生前に心臓の病気も一切無かったため解剖したらしい。
その結果、殴られた等の外傷は一切無く脳に障害も無く死に至るような薬物等も検出されなかった。
過労や急激な温度変化も疑われたがそういう状況でもなかった、また自殺する理由も無い。
だけど俺は、俺だけはAが死亡した原因を知っている。

Aが死亡していた駐車場脇では半月ほど前の深夜に17歳の女子高生(B)が数人の少年にレイプされる事件があった。(Bと犯行グループの少年達は高校は別だが顔見知りだったらしい)
Bが暴行されている時にそのコンビニでレジを売っていたのがAだった。

AはBの悲鳴を聞いて駐車場に出たが「友達が酔っ払って悪酔いしちゃったんで介抱してるんです」という少年達の言い訳を信じてそのまま放置した。
事務所で休憩していたもう1人のバイトにも何も言わなかった。

続きを読む

うちはワンフロア3戸のマンションで、角部屋2つがドアが向かい合ってる。
うちと反対側の角部屋には30代位の夫婦が住んでいて、そこの奥さんは普通に感じよくいつも挨拶してる。

日々、普通の生活を続けていたのだが、ある日からたまに家にいると玄関を開けようとする『ガン』という音が聞こえることがあった。(施錠してるから開かない)

元々がのんきなタチなので、気のせい?とあんまり気にしてなかった。
ドアスコープ覗きにいっても誰もいないし。
しかし、ある時また『ガン』とドアが響いたのでドアスコープを覗くと、お向かいの奥さんが向こう側からスコープに顔を近づけて覗き込んでいた。

続きを読む

俺の家には、小さい頃からひきこもりのオッサンがいた。
50~60くらいの白髪で家の中にいて何もしない。
当時じいちゃんはちゃんと2人いたから、祖父というわけでもないようだった。
しかも、親父とかお袋はそのオッサンのことを『たかし』と呼んでいて、小さい子の面倒でも見るように接していたので余計にオッサンが何者なのか謎だった。

そして、物心ついた時にはもう家にいた『たかし』にさほど大きな謎も持たないまま俺は小6になった。

俺たちの学校では卒業前に修学旅行があるんだけど、当時俺の家は相当貧乏だった。
別段贅沢をしているわけでもないし両親共働きなのに、我が家は貧乏だった。
だから当然のように、高いお金のかかる修学旅行にの参加は断念された。
残念だけど、仕方ないと思っていた。

続きを読む

↑このページのトップヘ