怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

2014年12月

先日父が亡くなって家を一軒相続したんだが、立地は悪くないものの大分ガタが来てるし、無駄に広すぎるんで、
妻と相談した結果売り払うことにしたんだ。
幸い、遺品の整理をしてる最中にも、度々不動産屋の広告やら名刺が入ってたんで、そこに電話し、結局4社で委託及び買取の査定をして貰う事になった。

で、そのうちの3社目。
結構今風の感じの、垢抜けた30代前半位の青年が査定にやって来た。
ハキハキと喋るし、感じも悪くない。
しかも査定額が、前2社に比べると、1千万近く高い。

続きを読む

先月の話。

俺のクラスメートにSって奴がいる。
そいつがいきなり「お前、霊媒師とか詳しい?」と訊ねてきた。
「なんだよ?急に」と返すと、彼は神妙な面向きで話しはじめた。
なんでも彼は、この冬休み中先輩に連れ出され「滝不動」に行ってきたと言う。

「滝不動」というのは俺たちの住む山形県ではかなり有名な心霊スポットで、昔、孫をとても可愛がっていたお婆さんが居て、その日も孫をおぶって野良作業をしていたが、誤って持っていた鎌を背負ってる孫の首に突き刺してしまい、死なせてしまった。
そして、お婆さんは大事な孫を殺してしまった罪悪感と悲しみから世をはかなみ、その地元の霊場である「滝不動」で首を吊り自らの命を絶ってしまった・・・。

以来その場を遊び半分で訪れた者にはその老婆の呪いが降り掛かるという曰く付きの場所・・・。

続きを読む

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。

ある夜部屋で1人ゲームをしていると、下の方から大勢の人がザワザワと騒ぐような声が聞こえてきた。
俺は「下の階の人のところに客が一杯来ているのかな?」とも思ったが、耳を澄まして良く聞いてみると、声の感じから数人という事はなさそうだ。
もっと大勢の人の声のように聞こえる。
気のせいかもしれないが、まるで大きな駅とかなどの雑踏のざわつきのような感じだ。
その時は「そういう映画かテレビ番組でも見ているのかな?」と考えながら、それ以上気にせずにいた。

しかし、寝る頃になっても一向に「ざわつき声」がなくなることは無く、そこまで大きな音では無いのだが、深夜3時頃まで聞こえていたせいで、結局気になってその日は殆ど寝る事ができなかった。

それから数日間、毎日ではないが夜10時頃から深夜3時頃まで、頻繁に「ざわつき声」が聞こえてくるので俺はろくに眠る事ができず、いい加減苦情を言おうと階下の人のところへ行く事にした。

続きを読む

10年程前の話。

夜中に彼女と峠道をドライブ。
で、大きめの駐車場があったから立ち寄ったのね。
駐車場には他に車が一台停まってたけど人は乗っていないみたいだった。

「?」と思って辺りを見渡すとどうやら展望台があるらしく、せっかくなんで行ってみっかと山道を登って行った。

10分程登り、展望台に到着、先客はいないみたいだったけど特に気にせず彼女とおしゃべりしていた。
ふと気づくと展望台からさらに上に登る道があり、なんだろうと二人で登って行った。

山道を登っていくと上から一組のカップルが降りてきた。
「すみません、上になにかあるんですか?」と彼女がカップルに話かけた。

「あ、なんか上にも展望台があるみたいなんですが・・・」

続きを読む

兄が数年前、高速道路でバイク事故を起こした時の話。

両足切断か死ぬかのどちらかと宣告を受けたにも関わらずどうにか両足とも生足で残り、しかも死なずに済んだのですが、受けた事故の衝撃で「自制」と「痛み」の神経が麻痺してしまいました。

わかりやすく言うと、痛みを感じない暴力団風1歳児な感じでしょうか。
訳のわからない事を言っては看護婦を殴るは、ぐちゃぐちゃの足で隙をみて歩こうとする。

家族で夜通し介護をすると病院に約束したため拘束されずに済んだ兄だったが、こっちはとても辛い毎日を送ることになった。

そんなある夜、兄の監視するため病院に泊まっていた時、個室の椅子で疲れから知らない内に寝てしまっていました。

「ギィ」

続きを読む

↑このページのトップヘ