怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

2014年12月

もう10年以上前の、大学時代のこと。

実家の近所にある小さい運送会社で荷分けやトラック助手のバイトをしていた。
現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。

バイト仲間に同じく大学生のAくんがいた。
Aくんは自他共に認めるアホキャラだったが、明るくて元気で同僚としてはすごくイイ奴だった。

会社は町外れの国道沿いにあったけど、隣町の商店街の近くにも倉庫があった。

倉庫といっても普通の二階建ての民家。
一階が広い土間になってて、何年か前までそこで商売をしていたらしいが、借金とかで店を畳んで住人はいなくなり、その運送会社が借金のかた?として手に入れたんだって。
ただすぐに使う当てもなかったので、とりあえず空き家のままになっていた。

あるとき、若旦那が嬉しそうに俺に写真を見せてきた。

続きを読む

俺の姉ちゃんの体験した話。
真冬の物凄い寒かったある夜、姉ちゃんがベッドに寝てると、自分の頭の横で何かバタバタ音がする。

「うるさいなー」と思いつつ、何かを確認しようとして目を開けようとしたが、目が開かない。

それと同時にバタバタという音がだんだんデカくなる。

「うわー何?何?」って姉ちゃんが焦っていると、いきなりその何かが胸に乗ってきた。

ピョンピョン跳ねて、キャッキャッ笑ってるらしい。

明らかに小さい女の子の声だ。

もの凄い汗をかきながら、姉ちゃんはわけわかんない念仏を唱えてると、「目を開けて見て」って声がした。

続きを読む

チャップリンの1928年の映画に携帯電話を持った女性の姿が映っていると話題になっている。

携帯電話は第二次世界大戦時には既に考えられていたものであるが、実際に登場したのは1985年である。

この1928年時にはまだ世に出ていない携帯電話が、なぜこの映画の中に登場しているのだろうか・・・。

この動画は、チャップリンの名作「サーカス」(1928年)の一場面である。
この映画のワンシーンに携帯電話を左耳にあてながら歩いていく女性が写り込んでいるのだ。

続きを読む

小学校の3・4年生くらいのときだったと思う。

当時もゲームはあったけど、まだまだ外で遊ぶ子どもが多かった時代。
俺も学校から帰るなりランドセルを放り出して外に遊びに出た。
誰かと約束してるわけじゃなくて、学校と家の中間地点にある公園に行くと、たいがいは何人か子どもが集まっていて、同学年のやつが多ければそいつらと遊ぶし、違う学年の子がパラパラといるような状況なら、上級生が何か皆でできる遊びを考えてくれたりもした。

夏頃のことだったと思うけど、その日は公園に行っても誰もいなかった。
しかたなく自転車を置いてブランコに乗っていると、男の子が一人来た。
それは俺とは同じ学年だったけど違うクラスのやつで、家も近所ではなく、どうにか顔を覚えてる程度。
この公園でも前に見かけたことは一度もなかった。
だから最初は話すこともなくて2人で並んでブランコをこいでいた。
けどその日はいつまでたっても他の子どもがやってこない。
するといきなりそいつが「面白いこと教えてやるよ」と言って、誘われて近くにある神社に行った。

続きを読む

2年くらい前から、飼っているオカメインコのムウちゃんについてのブログを始めた。

当初は、記事を誰も見に来てくれないし、コメントも残してくれないので結構淋しかったんだけど、段々他の人のブログにコメントを残したりしていくうちに仲間が出来てきて、自分が書いた記事にもコメントが結構つくようになっていった。

その中の一人にAさんっていう結構人気のブロガーがいて、その人のブログも楽しかったし、残してくれるコメントも毎回適当なお世辞とかじゃなくて、興味のある記事にだけ的確なコメントをくれて嬉しかった。

ただ少し気になった事は、Aさんは少し鬱気味の事が多く、沈んでいる時は「死に関する記事」が多かった。
Aさんの記事にはいつもたくさんのコメントが書かれていたが、死に関する自殺願望的というか自虐的な記事には、他のブログ仲間たちも困っているようでコメントはあんまりされていなかった。

続きを読む

↑このページのトップヘ