僕が育った村は、奈良県のそれは山の奥だった。
その村には、ちょっとした湖がある。
そこには、龍神が住んでいると昔から語り継がれていた。
しかし、その湖は子供の僕らにとっては、絶好の遊び場所であった。

ある日、僕と友達が学校の帰りにその湖で水切りをして遊んでいると、湖の真ん中辺りが波打っているのが見えた。

僕「なんだあれ・・・・・・?なんかおかしくない?」

僕は異常に気付き、すぐ友達に教えてあげた。

友達は、座っていたのだが、様子がおかしい・・・。
近づいて友達を見た時、驚きで声が出なかった。

友達は時間が止まったように、いや・・・石のように、身動き一つせず固まっていた・・・。

湖の波は、どんどん激しくなり、やがて大きな影が現れたのだ。
20メートルほど離れた場所から見ても、その巨大さは、ハッキリとわかった。

僕「龍だ・・・・・・」

それは、龍と言うより、大蛇に近い感じだった。

頭だけ、恐竜のテイラノサウルスのように、ゴツゴツしていた。
それは、赤い目でずっと僕の方を見ていた。
僕が、気を失ったのは言うまでもない。

友達が呼んでる声で目が覚めた。
友達は、心配そうに僕に話かける。

友達「おい!大丈夫か?いきなり倒れてるからビックリしたよ。」

僕「龍を見た・・・・・・」

友達「マジかよ・・・・・・」

その晩、僕の家に村の人がたくさん押し寄せた。

僕は、緑色のチャンチャンコを着せられ、一番上座の席に座らされた。
母さんと父さんは、青い顔して、おろおろするばかり。

村の人は、みんな御祝儀袋を持ってきては、僕に渡すのだ。
僕は得意気になって龍を見た話を語った。

その日の真夜中、母さんの声で目が覚めた。

母さん「起きなさい、父さんと一緒にいまから出掛けなさい!」

母さんの口調は、いつになく厳しいものだった。
僕は、パジャマのまま父さんの車に乗り込んだ。

父さんに行き先を聞くと、「お前は今日から、九州のじいさん所で暮らすんだ!ここにはもう二度と帰ってこん。」

両親は僕が九州にきてから3ヶ月後、田んぼも家も全て売り払いやってきた。
あのまま村に残っていたら、村人達に人柱として湖に沈められていたらしい。