5年前、彼氏と峠をドライブしたんだけど、その峠は地元では結構有名な心霊スポットで、好奇心旺盛な彼氏はその峠にある廃墟へ向かっていました。
私は過去に何度か霊と遭遇したことがあるせいか、ビクビクしていましたし、普段持っている数珠を持参していなくて、イヤ~な気分でした。

その廃墟の周りは立入禁止のロープがあり、2m弱の草がボーボー茂って古い粗大ごみもあり、とても人が入れるスペースはないんですが、私は見てしまったんです・・・。

家の横に背を向けたおじいさんらしき姿と、その横に赤ちゃんを抱えた女の人がボーっと立っていました。

直感でこれは生きてる人間じゃないと感じました。
何というか、その人達だけ灰色がかってたんです。

少しカラー混じりのモノクロ画面を見たような感じです。
彼氏は見えないらしくそのまま素通りしましたが、一緒にいた友達が私に「横見たららだめよ!」といってきたんです。

私は、横を意識しながら前だけを見ました。

しばらくすると友達は、「もうおらんけど、横に、あのじいさん張り付いてたよ」と教えてくれました。
ジーッと私を見ていたらしいのです・・・。

その友達は私以上に霊感強いので、よく職場で霊と遭遇するらしい。
そして私は友達にその張り付いてた霊がどんな風貌か聞きました。

白髪まじりの痩せ型で白い肌着のシャツ・・・。
私がみた霊と一致しました。

怖くてビクビクしてたら、友達が「あんた車であの家通るとき、あの家見てたでしょ?見たらいけないんだよ。見たからついてきたんよ」と叱られました。

もう本当に怖くてオシッコちびりそうだった。

それから数日間、家で奇妙なことが何度もありましたが結婚を機に引越しました。

文章にするとあまり怖くないですが、私が体験した中で一番怖い出来事でした。