サークルで伊豆に行った時の話。

国道から少し山に入った所に宿があり、その途中の山道に「血塚」という史跡見つけました。
夜、買い出しの途中に肝試しをしようという話になり、車2台で気になっていた血塚に行きました。

霊感のある友達と相談し、危ない所を避けつつ一通り事を済ませ、俺の車は無事に出られたのですが友達の車がなかなか来ない。
心配になり歩いて行くと縁石に乗り上げて動けなくなっていました。

車の後ろの方から、凄い気持ち悪い感じを受けたのですが、俺の方が運転が上手いので運転を代わり何度か試したものの縁石から出られず。
一度エンジンを切り、タイヤ周りを確かめもう一度エンジンを掛けようとしたとき、セルが回らずエンジンがかからなくなってしまいました。

しょうがないので皆で車を押す事になり、サイドブレーキを下ろした瞬間、今までびくともしなかった車がズッズズっと血塚に向かってバックし始めたんです。
ブレーキを踏んでも効かず、サイドブレーキも引けず、そのまま車はバックし続け木に突撃。

フラフラしながら車を降り壊れた箇所を確認すると、車の下から影のような物が現れ、森の中に去って行きました。

その後、何とか車が動き次の日近くの交番に届けを出しに行きました。
一覧のことを警察官に話すと「あぁ、あそこね・・・・・・お祓いとかした方がいいよ」と言われました。

恐くなり車に食塩をかけまくりました。
食塩が効いたのか、まだ何も起こってません。