この話は嫁友から仕入れた話です。

話の舞台は長野県と新潟県の県境にある寒村。
その村には『開かずの地蔵堂』なるものがあるらしい。

地蔵堂と言ってもお堂の中にあるのはお地蔵様ではなく『大きな赤い石』らしい。
お地蔵様はお堂の入り口を塞ぐように立っているので、いつの頃から『開かずの地蔵堂』と呼ばれるようになったとか。

お堂の中にある『大きな赤い石』についてはハッキリした記録は無いらしいんだが、村に伝わる伝承だと、今から200年以上前に畑の開墾中に土の中から出てきたそうだ。(この時、石は赤くなかったらしい)

畑の真ん中にそんな『大きな石』があったら当然邪魔って事で、かなりの人数と牛を何頭か使いどかしたそうだ。
その時は何事もなかったらしいんだが・・・。
何日かすると、石の撤去に関わった者が体調を崩し始めたそうだ。
皮膚が火傷の様に爛れ、血を吐き倒れる。

人間だけではなく、石を引かせた牛までも・・・。
更には何とその石は夜になるとボンヤリと発光したらしい。

それで「この大きな石は山の神様の化身だっ!無理矢理動かしたから祟りが降り掛かったんだ」って事になり、大きな石を隠す様にお堂を建て祀ったそうだ。

ところが、祟りは治まらなかったらしい。

お堂を建てた職人や御供え物を持って行った者まで体調を崩し倒れてしまった。(祟りにあった人達は、殆んどそのまま亡くなったそうです)

その後お堂の入り口に犠牲者の供養と祟りの鎮静化を祈ってお地蔵様を建立したらしい。
現在のお堂は大正時代に村の勇者?達が、古いお堂に被せる様に新しく造った物らしい。(初代お堂が老朽化した為)
その時は特に祟りなどは無かったとか。

そんな経緯で『開かずの地蔵堂』になってるらしい。
この話は村の中でも「さわらぬ神に」的な扱いを受けていて年々マイナーになっているそうです。