1988年の事である。
この年の10月3日、埼玉県に住む少女が、強姦後に殺害されるという事件が発生する。
世を震撼させた殺人鬼は89年7月23日に警察当局に拘束されるまでの間に、彼女以外にも3人の少女を殺害していった。

話を戻し、この殺人鬼が逮捕される20日前の7月4日(土)深夜、そのアイドル歌手(女性)は、当時絶大な人気を誇ったカップリング番組にゲスト出演していた。
司会を担当するのは人気の漫才コンビである。
番組はこの日、「七夕特集」として放映されていた。

そして、問題のシーンは番組序盤に流された。

アイドル歌手N.Aに、漫才コンビの片方N.Kが、彼女の理想の男性像(彦星)に対して質問する。
このとき、視聴者は皆「男性歌手M.K」の顔を想像したはずであった。
しかし、意外なことに歌手Aは今まで聞いた事も無い「ある名前」を口にしたのである。

漫才コンビは二人とも判らない表情をしている。
しかし、すぐにN.Kが気付く。

「それって、山崎務さんの間違いじゃないの?」と、アイドル歌手に話した。

どうやら彼女は姓字で一字違いの、映画俳優の名前と間違えて伝えたみたいであった。
彼女はまずいと思ったのか、笑って取りつくろった。

その瞬間である。

突然、放送画面が中断してしまったのである。
30分以上に及ぶ長時間の中断は、誰が見ても異常な状態であった。
これが有名なAの放送事故事件であるが、「問題」はこの続きにある。

彼女はこの放送の一週間後、7月11日に自らの手首を切り、自殺未遂をはかるのである。
原因は先ほど記した、男性歌手M.Kとの破局であることが報じられた。

そして12日後、23日のニュースで世間は震撼する事になる。
今まで世を恐怖に落とし入れてきた「見えない悪魔」、連続幼女誘拐殺人犯が逮捕されたのである。(この時点では疑いの段階で、本逮捕は翌月8月10日である)

その時、世間を震撼させた事がもう一つある。

アイドル歌手が放送で口にした、その名前・・・。
それがまだ逮捕されていない、捜査段階中の殺人鬼の名前だったのだ。

奇妙なのは彼女の自殺未遂と殺人鬼には、ある類似点がある事である。

彼女は自殺未遂の際に手首を切っているが、実はこの殺人鬼は「とう尺骨癒合症」(手の平を上に向けられない奇病)であり、その劣等感から幼児性愛に走り、少女の手首を切ったといわれているのだ。

このため『歌手Aが生前の少女の真相心理にダイブしたために自殺未遂をはかった』のだとか(シンクロ二シティ・超常現象の一種)、『カップリング番組が中断している時に少女の声を聞いた』とか、また、『少女が歌手Aに憑依して殺人鬼の名前を呼ばせた』のだとか、いろいろな噂が流れるのである。