とんだチキン能力者の話を一つ。

俺の友人にとても霊感が強いヤツがいた。
ただ強いだけでなく、側にいる人間(全員ではないが)も見えてしまう程だ。

学校では『ウラ』って呼ばれてた。
俺が霊感少年ウラと出会ったのは中学のとき。
その頃から、そう言う意味で有名だった。

中2で同じクラスになり、好奇心旺盛な俺は早速話しかけ、「一緒に霊所スポットへ行かないか?」と誘ったのだが、ウラは見える能力のせいか、自分からそう言った場所には決して近づこうとはせず、それどころか、かなりのチキン野郎だった。

でも、どうしても自分の目で幽霊が見たかった俺は、夕方にウラを遊びに誘った。
そして、男子数人と首つりがあったと言われる公園へと、うまく誘い出す事に成功した。

暫く公園をうろついたが霊なんて出る気配は無く、諦めかけていたとき、「あ~あ、やっぱり幽霊なんて出ないな」と、誰かがポロっと言ってしまい、ウラに今日の計画がばれてしまった。

最初はふてくされていたウラだったが、「全然恐い感じしないし、みんないるから今日は出ないよ」とウラが言ったので、その日は帰る事にした。

ところが、ネタを証しても怖がらないウラが面白くなかったのか、幽霊が出ないからか、みんなでウラをからかい出した・・・。

「ここは落ち武者の霊も出るって有名なんだぜ~」と俺が言うと、面白いくらいに怖がるので、みんなでどんどん話を大きくしていった。

「・・・それで、血を流した落ち武者が手招きを・・・」

「やめてよ・・・やめてよ」

怖がるウラを見てウシシと笑っていると、「なぁあれ何だろう?」と、木陰の隅を指して誰かが言った・・・。

「え?何々?わかんないよ」

中には見えていないヤツもいたが、俺と最初に見つけたコウジには、ハッキリと手招きする血まみれの武者が見えた。
それを見て大声で叫んだウラを合図にパニックになり、皆散り散りにその場を逃げ出した。

俺は次の日に知恵熱を出し、学校を2日も休んでしまった。
2日目の夕方学校帰りのコウジがお見舞いに来てくれた。

俺が呪われたのでは?と心配したらしいが、俺自身はすっかり元気になっていた。

そして、話題はもちろん『公園の落ち武者』・・・。
コウジは酷く怯えていたが、俺は思ったより平気だったし、それどころか、何か引っかかっていた。

「それでさ、学校は落ち武者の霊の話しで持ちきりで。落ち武者の伝説がいっぱい出てきてさ、俺なんて見ちゃってるから恐くて、話題に入れなかったよ・・・。ウラなんて超チキンじゃん?びびりまくって学校早退してたよ」

コウジの話を聞いて、無理矢理連れて行った事を改めて悪いと思った。

コウジと落ち武者について話し合っていて、ある事に気づいた。
コウジが見ていた落ち武者と、俺が見た落ち武者が違っていたのだ。

「首が無くて全身血まみれ、大きく手を振っていた」とコウジは言ったが、俺が見た落ち武者は顔があったし、手招きは指だけだった。

そして幽霊を見たと言うことで忘れていたが、落ち武者は、あのとき俺が付いた嘘だった事を思い出した・・・。
落ち武者なんているわけ無いのに、俺たちは落ち武者を目撃した。

その後、ウラにどんな落ち武者だったかを訊いたら、俺とコウジが見た落ち武者とは全く違う落ち武者だった。

一体あれはなんだったんだろう・・・。