この話は私が直接体験したわけではありません。
ある人の体験した話です。
ただ、良くある友達の友達が?といった真偽に疑問が残る話ではありません。
紛れもなく真実です。
何故なら体験者は私の妹なのですから。

私と妹は四つ歳が離れています。
私が小学五年生の時、妹は小学一年生でした。

入学当初の妹は、うまく友達が作れず寂しそうでした。
学校に行きたくないという妹を私は心配していたのですが、何週間か経ってやっと妹に友達が出来ました。
同じクラスのHちゃんです。
Hちゃんは不思議な子でした。

目の前にいてもその存在に気付かないような、とても静かな子でした。
その顔はいつも無表情で何を考えているのかわからない暗い印象の、例えるならまるで人形のような子でした。

Hちゃんは何度も我が家に遊びにきました。
しかし私はHちゃんがしゃべっているのをみたことがありませんでした。
妹と遊んでいる間もずっと黙って、ただ妹の話を聞いているだけです。
私はHちゃんを最初のうちは大人しい子なのだと思っていたのですが、次第に薄気味悪くなってきました。
というのも、Hちゃんが妹を見るその目はどこか怪しく、とても友達に向ける目ではなかったのです。

妹がHちゃんと仲良くするのはやめたらいいのにと思っていました。

何ヵ月か経ち妹もHちゃん以外に友達が出来ました。
自然に妹はHちゃんと一緒にいる時間が減っていき、元々妹以外に友達のいなかったHちゃんはクラスで孤立していったといいます。

そんなとき事件は起きました。

妹のクラスでは、亀を飼育していました。
その亀が、ある日いなくなったのです。

ある生徒がHちゃんが持って帰るのを見たと言いましたが、Hちゃんは何もいわずただ黙っていたそうです。
これを境にHちゃんは、亀泥棒とクラスで仲間はずれにされるようになりました。

当のHちゃんは気にした様子もなく妹に近寄るので、妹は次第にHちゃんを鬱陶しいと思うようになり露骨に避けるようになりました。
そんな妹をHちゃんは突然自宅に誘いました。

しつこく誘うHちゃんに根負けし、妹は仕方なくHちゃんの家に行ったそうです。
Hちゃんの家は団地でした。
とても古く中は汚れ放題でゴミが散乱していたそうです。
そして物凄い悪臭が籠もっていたそうです。
悪臭の原因を知って妹は驚きました。

Hちゃんは当たり前のように畳のうえで尿を足したのです。
呆然とする妹に、Hちゃんは「私たち友達だよね?これから毎日おいで」といったそうです。

妹は「嫌だ、もう友達じゃない」と断り家から飛び出しました。

翌日学校に行くと机の上に甲羅を割られ潰れた亀が置いてあったそうです。

Hちゃんだと直感した妹はHちゃんを怖がるようになりました。
妹いわくその日からHちゃんは、人が変わったように喋るようになったといいます。
その内容が酷いのです。

「○○ちゃん(妹)のお母さんは、男の人とエッチしてお金を貰っている。あたしは見た」
「○○ちゃんのお父さんは昔人を殺して、おうちに埋めた」
「○○ちゃんもエッチしてお金を貰うようになる」

そんなことを繰り返しいうのです。
妹は次第に学校を休むようになりました。

事態を知った親が学校に苦情を入れると、Hちゃんの家庭で驚く事が明らかになりました。

なんとHちゃんは一人で住んでいたというのです。
両親は行方不明ということでした。
結果Hちゃんは転校しました。
施設にはいったのか、親戚にひきとられたのかはわかりません。

妹は、再び学校に通いだしました。
問題は解決したと思われました。
ただ疑問が残るのです、果たして小学一年生が一人で生活できるものなのか?
あの大人しいHちゃんがどこでエッチという言葉を知ったのか。
意味はわかっていたのか?
何しろ小学一年生です。
妹も意味がわかっていませんでした。

そして、私がゾッとしたのは後日妹が言ったこの言葉です。

「Hちゃんのお父さんいたよ。」

妹は確かに、Hちゃんのお父さんを見たというのです。

全然Hちゃんと似てなかったといいます。
ずっと薄笑いを浮かべていたそうです。
そのお父さんは、Hちゃんが畳のうえで、おしっこをするのを注意せずにただじっと見ていたそうなのです。

そして、妹を見るとHちゃんになにかを耳打ちしたそうです。
そうしてHちゃんはいいました。

「わたしたち友達だよね?これから毎日おいで」

その男は何者だったのでしょうか?
妹の錯覚ではないとしたら、もしも妹が家から飛び出さなければ・・・。
私は、今でも時折Hちゃんの無表情な顔を思い出します。