10年前、サイパンに旦那と旅行に行きホテルで旦那は買い物、私は入浴してた。

真昼間に入浴し、ゆったりした外国の風呂で女王様気分を味わうつもりでしたが、泡風呂で体を沈めて5分もしないうちのこと。
浴室の壁からザッ!ザッ!ザッ!と映画のシーンで軍人さんが集団行進するような軍靴音がしてきた。

泡の中で硬直する私・・・耳の錯覚だよね。
真昼間に幽霊は出るわけないじゃん。

否定しながらカラ鼻歌の声も震えてきた。
浴室中の壁という壁、鏡の方からも行進足音はドンドン近づいてくる。

私は限界で、服を着ることもせずベッドに潜りこみました。
かなり広い部屋だったので真っ昼間でも部屋の電気は全て付けてました。


薄い毛布の繊維の隙間から部屋中の様子が透けて見えます。
とブッ!ブッ!ドアの非常灯が音をたてて消えました。
そして又人ブッ!ブッ!とベッドから遠くの電球が音をたてて消えてくのです。

ベッドスタンドの電気が消えた瞬間、横に薄っすら透けた軍人さんが立っているのが解りました。

上目使って顔を見る事は恐怖でできずベッド横をみるだけで精一杯で、軍人さんの革靴の踵をガツンと合わせた音が聞え、敬礼しているような感じを受けました。

その時です。

部屋の前のエレベーターの開く音が聞えてきたのです。
のったら歩く旦那の足音・・。

ピンポ~ンのチロャイムと同時に部屋中の照明が今まで何事も無かったようにパッと付きました。
「ドア開けろー」ドアの外で叫ぶ旦那がこれほど頼もしく思ったことはありません。

毛布1枚のスッポンポンでドアを開け飛びついた私に「お前は、真昼間から何かんがえてんだ?」ってあきられました。
泣きながら体験したことを話しても、大貫教授と論争しているようなもんで、その話しは、我家では封印されました。

『サイパン 軍人 幽霊』でググルと、私と同じ昼間にホテルの風呂で同じ体験をした方がいらっしゃるので、やっぱり出たんだ~と思いましたした。