怖い話・謎・不思議とか好き~♪

2chオカルト掲示版を中心に怖い話、謎、不思議な体験談をまとめたオカルト総合まとめサイト

心霊とは関係ないが俺が体験した話。
俺の実家のすぐ隣には友達の家があって、よく子供の頃、遊んだりしてたんだ。
ある日曜日、急にそいつから電話があって、「お前のお母さんに替わってくれる?」っていきなり言われたんだ。

意味が理解できなかったが、母親と替わると、少し話した後足早に母親がそいつの家にチャイムも押さずに入っていった。
俺も気になったからついて行ったんだが、そこには割れたガラスのテーブルと右足が血まみれの友達の姿があった。

状況を把握すると、どうやら両親の留守中にふざけてガラステーブルを踏み抜いてしまったらしい。
外科医院に連れていかれたんだが、しばらくして母から電話があり、内容は「○○くんは足の肉が削げ落ちてて急いで縫い合わせないといけない。そこらへんに落ちてる筈だから自分が戻る迄に探しておくように」との事だった。

続きを読む

車の免許を取ったすぐのことでしたので、18歳の夏頃だったと思います。
当時は親の車を借りて、夜になれば友達とドライブに出掛けていました。
カーステレオを掛けながら、どこか知らない土地までドライブする。
お腹が減ったらハンバーガーを食べたり、ファミレスに入って腹ごしらえ。
そんな事をくり返していました。

ある時いつものように友達を誘って、男二人で夜のドライブに出掛けました。
どこをどう通って行ったのかあまり覚えていなのですが、見慣れない山道を走っていました。

山道と行っても片側1車線のキッチリと舗装された道路です。
ガードレールもあるので、国道か県道なのでしょう。
少ないながらも街灯があるような道路でした。

続きを読む

皆さんは何気ない偶然が後に必然だと気づいた事ってありますか?

某地方国立大学の大学院生をやっています。
以前からこのスレを見ることはあったけど、僕は文章を書くのが苦手だし正直書くか書くまいか悩んでた。
人の運命ってのは偶然っていう必然性の中に囚われている様な気がしてならない。
少なくとも僕達姉弟はそれぞれ変わった経験をしながら生き、僕はそれをいつも眺めているだけしかできなかった。
だから何かできることは無いか考え誰かに伝えるべきなのかもしれないという結論に至ったんだ。

僕の曾祖母(ひいばあちゃん)は生前とても霊感の強い方と言われてました。
僕の二人の姉も子供の頃霊感があったらしい。
曾祖母(ひいばあちゃん)の土地にはオシラサマを祭っていたそうなので確かな話なんだと思っています。
しかし理系人間の僕はあまり幽霊だとかの存在は信じてません。
それ故に逆にこの手の話はたまらないですし、そういった映画も良く見ます。
ゾワゾワくる感じはたまらないw
それでも、どうしても納得のいかない体験がある。

続きを読む

田園調布の近辺に沼部って駅があるんだけど、その周辺の話。

沼部の方に住んでる友達んちに遊びに行って夜中の3時くらいに散歩でも行くか?ってなって沼部の方あてもなく歩いて行ったんだ。
もう深夜で高級住宅地だから、やたらと静かで明かりも外灯の明かりしかなくて、ただでさえ気味の悪い感じだった。

真っ直ぐな道で豪邸ばっかり。
車も通らないし、人も居ない。

深夜だからあまり大きな声を出さないように気を遣ってしばらく歩いてたら、最初にオレが気付いた。

あそこの白いの何だろう・・・って。

続きを読む

皆さん長くなりますが聞いてください。私が中学校の頃の話です。

私は中学校の頃、グレていて不良と呼ばれる部類の人間でした。
理由は家庭環境が悪かったのも原因があります。

2歳の頃から祖父と祖母と三人で生きてきました。
両親は母が亡くなり父は再婚して私を残したまま再婚して別居でした。
父とはあまり面識が無かったのですが、私が中三の時にコンビニの店長になり隣町で働く様になりました。
夜遊びや不登校を心配してか週に2、3度仕事帰りに泊まりに来るようになりました。

最初は今更、親父なんかウぜーよ!なんて思ってましたが、やはり親子。
毎晩朝の2時に帰る父が待ちどうしくなってきたのです。
無口な父でしたが初めて親子の会話というのを体験し今までにない生活が正直うれしかったんだと思います。

続きを読む

↑このページのトップヘ